ネックストラップをオリジナルで作成。吊り下げ名札の製作

専用電話。050-6865-5592
MENU

ホットストラップ店長日記

2015年4月14日

フルカラー(昇華転写)ネックストラップのご入稿データ作成のコツ

フルカラー(昇華転写)ネックストラップは、グラデーションや写真のような多色のデータでも、オリジナルプリントが可能です。しかしながら、データのサイズが大きくなることが多く、メールボックスの容量を越えてしまうこともしばしば。そこで、ご入稿データのコツを記載致しますので、参考になさって下さい。

 

 

1)データのラスタライズ

通常ご入稿データは、アウトライン化した、アドビイラストレータのデータをお送り頂いております。しかしながらパスの多いデータは、データ容量が大きくなる傾向があるだけでなく、印刷時のトラブルも多い為、ラスタライズ(データをラスタデータに変換すること)をお願いしております。

 

2)ハッキリ見せたい企業ロゴや会社ロゴの太さは0.5mm以上で

フルカラーネックストラップは、その他のネックストラップのオリジナル印刷と全く異なる印刷方法で作成されます。まず、印刷したい内容を転写用紙という紙に印刷します。その紙に熱をかけ、紙に印刷された内容を白色無地のネックストラップに転写します。昇華転写とは、紙に印刷された固体のインクを昇華(気化)させて、ストラップ紐に写しますという意味です。直接紐に印刷しないので、印刷の精度は、スクリーン印刷よりも劣ります。下のBusinessという文字は、上段が線幅0.5mmくらい、下段が0.2mmくらいです。線幅が細いと、文字色が周辺の色に影響されてしまいます。又、ロゴの周りに影などかついている場合も、必ず外して下さい。

フルカラーネックストラップ(昇華転写)印刷精度

フルカラーネックストラップ(昇華転写)印刷精度

 

3)解像度は最低でも、300dpi以上で

スクリーン印刷のネックストラップはオリジナル型を製作します。型の製作前に、弊社で必ずデータの確認を行います。しかしながら、フルカラーネックストラップは、オリジナルで製作できますが、型を作成しません。お客様からお送り頂いたデータがそのまま印刷されます。解像度の悪いデータでご入稿頂くと、パソコン画面上では問題が無くても、出来上がった製品の印刷は綺麗に仕上がりません。綺麗な印刷に仕上げるには、必ず印刷の解像度を最低でも、300dpi以上にしてください。

4)デザインテンプレート

オリジナルフルカラーネックストラップ用のデザインテンプレートはこちらをご利用下さい。

オリジナルIDカードケース
お客様指定サイズ
シルク・フルカラー印刷
オリジナルその他製品
シルク・フルカラー印刷