ネックストラップをオリジナルで作成。吊り下げ名札の製作

専用電話。050-6865-5592
MENU

ホットストラップ店長日記

2016年6月22日

昇華転写印刷ネックストラップの解像度別比較。300dpi, 600dpi, 900dpi, 1200dpi

ネックストラップに、フルカラー印刷(昇華転写印刷)をする場合、AI(イラストレータデータ)にてご入稿頂いた場合でも、CMYKのベクターデータに変換する必要があります。又、フルカラー印刷のネックストラップでは、AIデータではなく、最初からラスタデータでご入稿されるお客様もいらっしゃいます。

 

その際、問題になるのは、デザインデータの解像度です。

 

今回同一のデザインを、解像度を変えて、どの程度印刷精度に影響するかのテストを致しました。

テスト結果の画像は、下側から300DPI、600DPI、900DPI、1,200DPIの4種類です。

どのデータも一見同じように見えますが、クリックして拡大表示して頂きますと、違いが良く分かります。

やはり、解像度は最低でも、300DPIは必要です。600DPI、900DPIとだんだんシャープさが増していきますが、1,200DPIでは、900DPIとあまり変わりません。ホットストラップでは、800DPI程度が良いのではないかと考えています。イラストレータのデータの場合、1,000DPI以上に変換することが、PCのメモリの制約で難しい場合がありますので、あまり大きな解像度はお勧めしません。

 

 

(各画像は、クリックして拡大表示できます。)

昇華転写印刷ネックストラップの解像度別比較。300dpi, 600dpi, 900dpi, 1200dpi

昇華転写印刷ネックストラップの解像度別比較。300dpi, 600dpi, 900dpi, 1200dpi

昇華転写印刷ネックストラップの解像度別比較。300dpi, 600dpi, 900dpi, 1200dpi

昇華転写印刷ネックストラップの解像度別比較。300dpi, 600dpi, 900dpi, 1200dpi

昇華転写印刷ネックストラップの解像度別比較。300dpi, 600dpi, 900dpi, 1200dpi

昇華転写印刷ネックストラップの解像度別比較。300dpi, 600dpi, 900dpi, 1200dpi

特急オリジナルネックストラップ
オリジナルIDカードケース
お客様指定サイズ
シルク・フルカラー印刷
オリジナルその他製品
シルク・フルカラー印刷