ネックストラップをオリジナルで作成。吊り下げ名札の製作

専用電話。050-6865-5592
MENU

オリジナルネックストラップ製品の商品やサービスに関する役立つ情報が満載

2016年7月14日

2色、3色織ストライプ柄ネックストラップの各色の最低線幅

織機

 

ネックストラップをレインボーカラーの様に、ストライプ柄(縞模様)で製作したいという場合があるかと思います。

市販されているネックストラップで、希望のストライプ柄を見つけるのが、最も簡単な方法ですが、ホットストラップならご希望のオリジナルのストライプ柄で製作することができます。以外と簡単に製作できますので、ご紹介致します。

 

下の写真の例は、弊社スタッフが、試しに5色のストライプ柄で、ネックストラップ紐を作ってみた例です。綺麗でしょう。。
5色織ネックストラップ2

 

①どうやって作るの?

ストライプ柄の紐は、このページの一番上の写真に様な、織機で製作します。白色のネックストラップ紐に、着色したり、印刷したりしている訳では無いので、非常に綺麗に仕上がります。

②1つのストライプは、何ミリ幅までできるの?

概ね1㎜以上の幅があれば、製作できます。写真をよくご覧ください。ストライプ1つの線幅が1㎜で、縫い目が2つ分くらいです。2色織や3色織で、ストライプ柄のネックストラップを製作される場合、各色の幅は最低1mmは確保するようにしてください。

③織機で織るなら、製作料金がとても高くならないか心配ですが?

通常のネックストラップと同じ金額では製作できないですが、概ね3割増しの料金で製作できます。

④何本から製作できるの?

通常のネックストラップは50本から製作できますが、オリジナルのストライプ柄での製作をご希望の場合、100本以上でのご注文をお願いしております。

⑤織り目はほどけてこないですか?

織機で織っておりますので、ほどけてくることはございません。

⑥ストライプの色は、何色が選択できますか?

ホットストラップの規定色20色から選択してください。

⑦製作期間はどのくらいかかりますか?

通常のネックストラップの製作期間に加え、5営業日程、追加で頂戴致します。

【関連情報リンク】

▶トリコロール柄ネックストラップ製作事例

▶縞模様のネックストラップを効果的に作成する方法

▶フルカラー(昇華転写)ネックストラップでストライプ(帯状)のデザインの場合

 

2016年7月13日

白抜き印刷のコツ。フルカラー昇華転写ネックストラップ

白抜き印刷。フルカラー昇華転写

線幅0.2mmで印刷した例。白抜き部分が痩せてしまい、ほとんど見えません。

 

【上の写真の仕様】

フルカラー昇華転写

15mm幅

黒地に、『MEDICAL SCHOOL・・・』の部分が、線の幅約0.19mmで印刷

 

【問題点】

写真では、MEDICAL SCHOOLの部分は、かすかに見えますが、実際には周囲の黒色の影響で、文字が痩せてしまい、ほとんど見えません。

 

【デザインのコツ】

スクリーン印刷の場合と異なり、フルカラー昇華転写印刷は、白抜き印刷の場合、白抜き文字の線幅を太くしてください。具体的には、線幅0.3mm以上が理想です。黒地に白抜き、紺色に白抜き、赤色に白抜き、これら全ての場合で文字が痩せてしまいます。線幅0.3mmでご入稿頂いても、実際の仕上がは、それよりも細く見えてしまいます。

2016年6月27日

ネックストラップ紐への、シルクスクリーン印刷の精度について

ネックストラップ紐(ポリエステル紐でも、ナイロン紐でも)に、シルクスクリーン印刷(白色とか黒色とかで印刷することが一般的)する場合、再現可能な最低線幅は0.2mmですよということは、いろいろな所に記載しています。

0.2㎜の線幅と言われても、なかなか想像できないかも知れませんので、1つ製品の写真を掲載します。この写真は、拡大して見てください。20mm幅ネックストラップに、4色(白色、黒色、灰色、青色)でシルクスクリーン印刷しています。一番外側の飛行機の輪郭線が、0.2mmの線幅です。0.2㎜の線幅が確保できれば、一見しておかしくない程度に印刷できます。

0.2㎜の線幅が問題になることが多いのは、イベント等で使用するネックストラップのロゴマーク部分(学校の校章、イベントのシンボルマーク等)です。ロゴマークであるがゆえに、部分的な修正ができないからです。

写真はクリックして、拡大後ご確認頂くと、良く分かります。

ポリエステル製ネックストラップに、オリジナルシルクスクリーン印刷した場合の、最低印刷線幅0.2mmの実例。

ポリエステル製ネックストラップに、オリジナルシルクスクリーン印刷した場合の、最低印刷線幅0.2mmの実例。

 

2016年6月22日

昇華転写印刷ネックストラップの解像度別比較。300dpi, 600dpi, 900dpi, 1200dpi

ネックストラップに、フルカラー印刷(昇華転写印刷)をする場合、AI(イラストレータデータ)にてご入稿頂いた場合でも、CMYKのベクターデータに変換する必要があります。又、フルカラー印刷のネックストラップでは、AIデータではなく、最初からラスタデータでご入稿されるお客様もいらっしゃいます。

 

その際、問題になるのは、デザインデータの解像度です。

 

今回同一のデザインを、解像度を変えて、どの程度印刷精度に影響するかのテストを致しました。

テスト結果の画像は、下側から300DPI、600DPI、900DPI、1,200DPIの4種類です。

どのデータも一見同じように見えますが、クリックして拡大表示して頂きますと、違いが良く分かります。

やはり、解像度は最低でも、300DPIは必要です。600DPI、900DPIとだんだんシャープさが増していきますが、1,200DPIでは、900DPIとあまり変わりません。ホットストラップでは、800DPI程度が良いのではないかと考えています。イラストレータのデータの場合、1,000DPI以上に変換することが、PCのメモリの制約で難しい場合がありますので、あまり大きな解像度はお勧めしません。

 

 

(各画像は、クリックして拡大表示できます。)

昇華転写印刷ネックストラップの解像度別比較。300dpi, 600dpi, 900dpi, 1200dpi

昇華転写印刷ネックストラップの解像度別比較。300dpi, 600dpi, 900dpi, 1200dpi

昇華転写印刷ネックストラップの解像度別比較。300dpi, 600dpi, 900dpi, 1200dpi

昇華転写印刷ネックストラップの解像度別比較。300dpi, 600dpi, 900dpi, 1200dpi

昇華転写印刷ネックストラップの解像度別比較。300dpi, 600dpi, 900dpi, 1200dpi

昇華転写印刷ネックストラップの解像度別比較。300dpi, 600dpi, 900dpi, 1200dpi

2016年6月11日

ラメが光る、キラキラネックストラップ。オリジナル印刷ができます。

ラメが光るキラキラネックストラップ

ラメが光る、キラキラネックストラップ。もちろん、イベント名をオリジナル印刷できます。クリックすると、拡大写真が見れます

参考写真の製品の仕様:

製品名:表面ラメ加工ネックストラップ

紐幅:20mm

紐の厚さ:約2mm (通常製品の約3倍)

長さ:450mm(片側)

 

表面ラメ加工ネックストラップ。光に当たると、表面がキラキラ光ります。厚めのネックストラップ表面に、ラメ加工したシートを縫製します。イベントや会社名の印刷は、シルクスクリーン印刷で、オリジナルの印刷ができます。ホットストラップならではの6色までのスクリーン印刷が可能です。

■ラメ部分の色は、次の種類から選択してください。

黒、シルバー、青、ピンク、緑

■最低製作本数

100本

■製作納期

約20営業日

 

2016年6月9日

ネックストラップの包装方法

ホットストラップのネックストラップは、在庫品を除き、全製品オリジナル製品です。包装方法につきましても、お客様に指定して頂けます。どの包装方法を指定して頂いても、製作料金は変わりません。指定して頂きました包装方法は、お客様とのお約束事項として、製品の仕上がりイメージ図に記載致します。

OPP-1:IDカードホルダーをネックストラップにセットし、個別OPP包装。たくさんの支店を持つ、大きな会社様で良く採用される包装方法です。各支店には、この状態で10個、20個と発送し、社員様に配布されます。

OPP-2:ネックストラップのみ個別OPP包装。最も一般的な包装方法です。吊り下げ名札紐のみをOPP袋に個別包装します。IDカードケースが、塩ビソフトケースの場合、OPP-1のように包装してしまうと、曲がってしまいますので、この方法が最適です。ネックストラップ受領後、配布者の方の手間が少ない場合、この方法をお勧めします。

 

OPP-3:ネックストラップにIDカードホルダーをセットして、25本程度を1袋に纏めて包装する方法です。イベントで最も一般的に使用される包装方法です。イベント会場では、担当者の方が、この袋からネックストラップを1本ずつ取り出し、配布します。

 

OPP-4:ネックストラップのみを25本程度1袋に纏めて包装する方法です。既に社員証ケースをお持ちで、古くなった吊り下げ名札部分のみを交換される会社様で良く利用されます。纏めの本数は、10本から25本程度が一般的です。

 

 

ネックストラップの包装方法

ネックストラップの代表的な包装方法。ネックストラップのみ個別OPP包装。ネックストラップにIDホルダーをセットして個別OPP包装。ネックストラップのみ25本1袋で包装。ネックストラップにIDホルダーをセットして25本1袋で包装。

2016年4月14日

ネックストラップへの印刷ロゴが長い場合、版型製作料金が変わります

ネックストラップに印刷致しますロゴは、印刷する、繰り返しの最小単位のロゴの長さにより、製版代金がことなります。

 

※ポイントは、何回繰り返すかではなく、繰り返し印刷する際の、最小単位の長さです。繰り返す回数が多くても、価格に影響致しません。

ですので、繰り返しにならないような場合、版型代金が高くなってしまいます。印刷は問題無くできます。

①通常版:繰り返し最小単位のロゴの長さが19cm未満。版型代金は、4,000円(税別)

②長版:繰り返し最小単位のロゴの長さが19cm以上40cm未満。版型代金は、8,000円(税別)

③満版:繰り返し最小単位のロゴの長さが40cm以上の場合。版型代金は、16,000円(税別)

 

繰り返しの一つの単位のロゴの長さが19cm未満の場合、版型代金は4,000円(税別)とです。

繰り返しの一つの単位のロゴの長さが19cm未満の場合、版型代金は4,000円(税別)とです。

繰り返しの一つの単位のロゴの長さが19cm以上40cm未満の場合、版型代金は8,000円(税別)です。

繰り返しの一つの単位のロゴの長さが19cm以上40cm未満の場合、版型代金は8,000円(税別)です。

繰り返しの一つの単位のロゴの長さが40cm以上の場合、版型代金は16,000円(税別)です。

繰り返しの一つの単位のロゴの長さが40cm以上の場合、版型代金は16,000円(税別)です。

2015年12月8日

ホットストラップのネックストラップと他社ネックストラップの違いは何か、ズバリお答えします。

ネックストラップに、オリジナルのロゴマークや社名を入れて製作できる会社はたくさんあります。星の数ほどある(大袈裟ですが)ネックストラップの製作会社と、ホットストラップはどこが違うのでしょうか。今回は、営業担当がズバリお答えします。

 

【違いその1】

ネックストラップへの印刷の品質が違います。ホットストラップは、最大7色や8色でも印刷できます。これは印刷の位置決め精度が、各段に高い為にできることです。通常、7色や8色の印刷となると、印刷の位置ズレの為、2色の色が重なってしまいます。試しに他の会社さんに8色印刷が可能か聞いてみてください。ご希望の方には、多色印刷のサンプルを無料でお送り致します。

 

又、ホットストラップの印刷は鮮明です。これは、ネックストラップにロゴを印刷する前に、下処理をしているからです。これも無料サンプルで一目瞭然です。特に紐幅の細い10㎜幅ポリエステル袋織は違いが顕著に出ます。

 

 

【違いその2】

ネックストラップ独特の、繰り返し印刷でなくても、製作できます。これは大きな特徴です。社名やロゴをただ繰り返すのでは無く、ネックストラップ紐の決められた位置に決められたロゴを印刷することが出来ます

 

・ロゴはできるだけ目立たないように、左右一カ所だけ。

・左右違ったロゴを印刷したい。

・長ーいロゴを印刷したい。

 

こんなご要望は、問題無く作成できます。

 

【違いその3】

特注のIDカードホルダーやチケットホルダーがある場合、特注チケットホルダーとネックストラップを同時にご注文頂けます。ネックストラップ製作会社の中でも、数少ない、同時発注が可能です。チケットホルダーの自由度は大きく、A5サイズ程度まで対応可能です。又、チケットホルダーより安い、無地透明のIDケースでも、お客様ご指定のサイズで製作可能です。印刷はフルカラーオフセット印刷やシルクスクリーン印刷が可能です。

 

【違いその4】

ホットストラップのご納期は、実質的に短納期です。特にロットの大きい場合、事前にお問い合わせください。ネックストラップ紐や色にある程度自由がある場合、5,000本の製作期間(印刷あり)2日間という事例もございます。(別途配送日数がかかります)又、ホットストラップの工場は、土曜日も稼働しています。製作日数〇〇営業日という場合、通常土日を除きますが、ホットストラップでは、土曜日は稼働日として数えます。

 

 

【違いその5】

デザイン製作費用が無料です。これはかなり好評を頂いております。お客様から、『どの程度無料でやって頂けるの?』というご質問を受けます。例えば、素材は会社のロゴマークのみご提供頂いて、『新製品は〇〇のようなイメージなので、それに合うようなネックストラップを作成したい』というご要望のみでスタートすることが可能です。何度やり直しても、費用はかかりませんので、お気軽にお申し付けください。

 

 

【違いその6】

試作品の実物確認が無料です。試作品とは、例えば100本のご注文を頂いた後、最初の1本を作成し、品質をご確認頂いた後、100本を製作するシステムです。試作品(1本)のみ注文し、良ければ100本注文するというご要望には、お応えできません。

 

【違いその7】

激安価格です。常に同業他社の価格調査を行い、お客様に最安値でご提供するように、チェックを怠りません。ホットストラップは、品質、価格、お客様対応の全てにご満足頂くことが重要であると考えております。

2015年11月6日

潰れない印刷の為の最低線幅。フルカラー印刷の場合

Q)ネックストラップ紐への印刷は、どの程度細い線まで印刷できるのでしょうか?フルカラー印刷の場合で、最低線幅があれば、教えてください。

 

A)原則と致しまして、0.25mm以上の線幅が必要です。フルカラー印刷は、白色無地のネックストラップ紐に、昇華転写という方法で、図柄を印刷致します。最初から、赤色や青色のネックストラップ紐に印刷する訳ではございません。

 

①印刷線の場合

 

ネックストラップ昇華転写印刷の最低線幅の説明です

ネックストラップ昇華転写印刷の最低線幅の説明です

 

この図は、『三重県』の『重』の漢字を、フルカラー印刷で、黄色地に黒色で印刷した場合の例です。シルクスクリーン印刷より若干太い、0.25mm以上の線幅でお願いしております。

 

 

 

 

 

 

②黒地や紺地から、白色文字をくり抜く(白抜き)場合

 

昇華転写フルカラー最低線幅_白抜きの説明です

昇華転写フルカラー最低線幅_白抜きの説明です

 

黒色や紺にような濃い色の下地から、白色文字をくり抜いて名入れする(白抜き)場合、注意が必要です。0.3mm以上の線幅が無い場合、印刷がほとんど見えなくなってしまいます。ご入稿データ上では、問題無く見えていても、転写印刷の特性上、濃い色のインクが、薄い色の方に浸食しますので、最低0.3mm以上の線幅を確保して下さい。白抜き文字は、ご入稿データで確認するよりも痩せて仕上がります。

2015年11月5日

潰れない印刷の為の最低線幅。スクリーン印刷の場合

Q)ネックストラップ紐へのオリジナルロゴ印刷は、どの程度細い線まで印刷できるのでしょうか?最低線幅があれば、教えてください。

 

A)原則と致しまして、印刷方法がシルクスクリーン印刷の場合、0.2mm以上の線幅が必要です。下記に表現方法の違いによる、最低線幅を記載致します。フルカラー印刷の場合の必要な最低線幅に関する情報は、こちらでご確認下さい。

 

①印刷線の場合

 

ネックストラップへのシルク印刷最低線幅も説明です

ネックストラップへのシルク印刷最低線幅も説明です

 

『三重県』の『重』の漢字を参考に説明致します。実線の太さが0.2mm以上になるようにしてください。又、実線と実線で囲まれた部分は、0.25mm以上空間を空けてください。

 

線幅が0.2mmより細い場合、印刷の擦れもしくは、対象部分が全く印刷されない可能性があります。

実線で囲まれた空間は、潰れを防ぐ為、0.25mm以上空けて下さい。

 

 

 

 

②印刷部分からくり抜かれた、白抜きの場合

ネックストラップへのシルク印刷最低線幅抜きの場合の説明です

ネックストラップへのシルク印刷最低線幅抜きの場合の説明です

 

この例は、青色紐に、白色をベタ塗りし、『重』という漢字をくり抜きで表現した場合です。上記①の実線の場合よりも、更に太い0.25㎜以上の線が必要です。0.25㎜未満の場合、抜きが不十分となり文字が読みにくくなります。

特急オリジナルネックストラップ
オリジナルIDカードケース
お客様指定サイズ
シルク・フルカラー印刷
オリジナルその他製品
シルク・フルカラー印刷